• 担当T

短期集中連載算数/数学/理科 ミスを防ぐノウハウ

ミスには様々な原因があります。どのようにしてミスを減らしていくことが出来るのか、學至会で実践している指導の一例をご紹介いたします。


・字が小さい

老眼の始まった我々講師陣にはなかなか厳しいサイズの文字を書く生徒がいます(特に女子に多く見受けられます)。見間違いの温床となるばかりでなくごちゃついた印象のノートは復習意欲を削ぐ原因ともなります。


これで解決→ とにかく「字が小さい、見えない、おじいさんにも優しい文字を書いてくれ」と懇願し続けます。時間がかかる生徒も多いですが、根気強くお願いし続けるしかありません。一度大きめの文字で成功体験を味わってもらえると、以後修正されることが多くなります。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

学びなおしコースの新設

定年退職後の愉しみとして、昔勉強できなかったことを学び直す、という方が増えてきております。學至会ではこういった方々を対象とした学びなおしコースを開設いたしました。60歳以上のシルバー特典として、入会費の割引なども実施しております。https://www.gakushi-kai.com/recurrent

統計の話

新型コロナウイルスによる医療崩壊を防ぐには、8割の接触削減が必要だ、といわれています。どのような数学的根拠によってそのように言われているのでしょうか。いい機会ですので、一度整理しておきたいと思います。 前提1 新型コロナウイルス感染者1人は、以前のような対人接触機会が維持された場合、  平均して周囲の2.5人に感染を広げる 前提2 新型コロナウイルスに感染してから、平均10日間他人にうつす力を維持