top of page

​ホーム>コース案内​>學至会 高等部

學至会 高等部

Gakushikai high school

高等部
無題.jpg
學至会 高等部
2024年度より通信制の高等学校としての活動を開始します。
大学進学コース

いわきに新たな通信制高等学校が誕生します。

學至会は「さくら国際高等学校」のいわき学習センターとして、2024年度からスタートを切りました。

こちらをクリックすると、さくら国際高等学校本校ホームページをご覧いただけます。

 全国的にみて、不登校の生徒さんがが増えてきております。學至会では、そういった子供たちが輝ける場を作りたいという思いを常に抱いてきており、実際そういった生徒さんたちの教育に携わって参りました。しかし、現行の体制では解決するのに高いハードルのある問題もあり、頭を悩ませてもきました。​

 さくら国際高等学校の荒井学園長は、長年不登校の子供たちに対する支援活動を行っている先生で、政府の様々な会議やワーキンググループに参加、日本の教育行政に携わってこられました。不登校の生徒さんを救う活動をライフワークとされています。

 

 さくら国際高等学校を2015年に設立、全国に学習センターやキャンパスを設置し、一人でも多くの生徒さんを助けようとされています。

 

 この活動が學至会の理念と共鳴し、今回の学習センター設立に至りました。これまでいわきには無かった特色あるコースを準備し、一般の高校に進まなかった生徒さんの様々なニーズにお応えして参ります。

 もちろん學至会の強みでもある通信制高校生への大学進学指導は従来通り行って参ります。​​他の高校からの転入も可能です。

出願から学習開始までの流れ

1. いわき学習センターから、さくら国際高等学校本校(以下”本校”)およびいわき学習センターの募集要項を受け取ります。学校の詳しい内容などを知りたい場合には、パンフレットや個別面談などでご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

2. 本校およびいわき学習センターの入学願書、必要書類に記入の上、選考料とともにまとめていわき学習センターに提出します。指定日に入学選考試験を実施いたします。試験内容は面接及び作文となります。

  第1回選抜

    出願期間 2024年1月9日(火)~1月16日(火)

    選考日   2024年1月21日(日)

  ​

  第2回選抜

    出願期間 2024年1月30日(火)~2月6日(火)

    選考日   2024年2月10日(土)

  第3回選抜

    出願期間 2024年3月11日(火)~3月19日(火)

    選考日   2024年3月23日(土)

※定員に達し次第終了いたします。

※選考日までに定員に到達しない場合には3/24日以降に個別に試験を実施いたします。令和6年度の新入生の最終締め切りは4月8日となります。

3. いわき学習センターの合否を電話にてご連絡いたします。  

4. 本校にて書類選考を行います。およそ2週間以内に選考結果通知書がお手元に送付されます。

5. 生徒および出身中学校に選考結果通知書が届きますので、内容をしっかりとご確認ください。

6. 本校選考結果通知と同封の「納付金納入のご案内」に従って、入学金や授業料など(本校への納入分)を納入してください。

7. いわき学習センターから送られる「納付金納入のご案内」に従って、授業料など(いわき学習センターへの納入分)を納入してください。

8. 教科書・レポートが配布されます。いよいよさくら国際高等学校での学習開始となります。

コース設定は以下の通りです。

大学進学コース 通信制高校生の大​学受験実績豊富な講師陣が個別指導で徹底サポー 詳細はこちら

e-エデュケーションコース e-sportsやゲームクリエイトなど、専門的な知識を学べます 詳細はこちら

地域発見(社会参画)コース 地元企業や行政と連携して生徒さん一人一人の適性を見極め、興味関心を育てます 詳細はこちら

音楽コース 様々な楽器の演奏を学ぶことができます。ギター・ピアノ・管楽器などに精通(複数選択も可) 詳細はこちら 

大学進学コース 

 學至会では以前より、通信制高校生の大学進学をサポートしてきました。

 これまで多数の通信制高校生と接してまいりましたが、通う理由は様々あります。単に進学ルートの途中プロセスの1選択肢と考えている生徒さんもいますし、他の高校になじめずに通うことになった生徒さん、高専など普通科以外の学科の学習内容が自分の考えと異なっていて、別のルートを選びなおしたいという生徒さんなど。。。

 理由は様々ですが、中には通信制高校からの進学先は限られているという勘違いをされている生徒さんも見受けられます。私どもの指導してきた生徒の中には、慶應義塾大学や上智大学などの最難関大学に合格した生徒さんもいらっしゃいます。決して周囲の進学校に引けを取るものではありません。全ては生徒さんご本人のやる気次第なのです。

​ 毎日高校に通う必要がない分、実は最も効率の良い進学ルートになりうる存在でもあります。無駄な時間を排除して受験勉強に集中できます。とくに私立大志望の場合、科目負担は3科目である場合が多く、少ない科目に時間を集中できるという点で非常に効率の良い進学ルートに仕立て上げることも可能です。予備校コースとの併用も可能で、高3のうちから予備校品質の授業に接することもできるのです。

 自分の可能性を信じ、ぜひチャレンジしてみてください。そんな皆さんと共に歩めれば、お役にたてれば、それが學至会の理念でもあります。

モデルケース

●週1~2回の個別指導(回数や指導科目は応相談)
毎日の登校も可能です。自習スペースは年末年始やいわき踊りなど、年間数日間を除いては毎日使用可能です。

●映像授業

學至会の講師陣が自ら作製した映像授業教材で学習を進めていただくことができます。

●年5回のスクーリング
指定日には仙台キャンパスまたは郡山キャンパスへの登校をお願いいたします。

●模擬試験受験
全国のライバルたちとの距離感を把握するためにも模試の受験は効果的です。いわき学習センターでの受験が可能です。

オプション
●予備校コース​
毎日平日の授業(国数英化)4~12月を実施いたします。

●講習

夏期講習や冬期講習、集団授業への参加も可能です。

26348210_m.jpg
leon-wu-LLfRMRT-9AY-unsplash.jpg
e-エデュケーションコース​

e-エデュケーションコース

 eスポーツやゲームクリエイトなどに関する専門的な知識を有するプロフェッショナルから、体系的に学ぶことができるコースです。

 本コースの目的は、大別すると①社会性を育む②将来性を育む③実用性を育む の3項目に集約されます。

 

 通常のeスポーツはプロゲーマーを目標にゲームスキルを徹底的に高める指導を行います。
本校で受講できる「eスポーツ」は

1 eスポーツを活用して、社会性・チームビルディング・セルフコントロールを習得
2 eスポーツを動機づけに、プログラミングスキル・ICT基礎スキルの習得、CGデザインの習得
3 eスポーツを通じて、新しい職業や専門性に対応

• e-sportsストリーマー 動画配信
• e-sportsキャスター 大会の司会・進行を行う「キャスター」や、ゲームをリアルタイムで解説する「解説者」
• e-sportsライター eスポーツの最新ニュース、大会レポート、選手へのインタビュー記事などを執筆する人
• e-sportsアナリスト ゲームの特性を深く理解・分析し、戦略を立てる
• e-sportsプロゲーマー eスポーツのゲームのプロ選手
• e-sportsマネージャー プロ選手の活躍をサポートする「監督」や「コーチ」
• e-sportsイベントスタッフ 大会の企画や主催、スタッフ業務
• e-sports関連会社 大手ゲーム会社や、コンピュータメーカー、eスポーツで事業を起こしている企業への就職・転職

ゲームクリエイト講座で将来性を育む

コンセプト
1プログラミング初心者からスタートでき、ゲームを自分でデザインして制作するプログラミン
グ講座です。
2eラーニングをベースにプログラミング講座が受講できる仕組みです。
3STEAM教育・リカレント教育・リスキリングという様々な学びと組み合わせることができます。
4高校でスタートした科目「情報」や大学の総合型選抜でも役立つ講座内容になっています。
特徴
1eラーニング・オンラインが主体です。
2カリキュラムのサードステップまではタブレットでの学習も可能です。
3トッププログラマーのオンラインによる講演や特別講座等もご用意する予定です。
※一部オプション
4学びの先にクリエーターオーディション・インストラクター資格取得など様々なゴールを用
意しています。

モデルケース

●自習利用
毎日の登校も可能です。年末年始やいわき踊りなど、年間数日間を除いては毎日使用可能です。ご希望に応じて個別指導(別料金)も承ります。

●映像授業

學至会の講師陣が自ら作製した映像授業教材で学習を進めていただくことができます。

●年5回のスクーリング
指定日には仙台キャンパスまたは郡山キャンパスへの登校をお願いいたします。(交通費実費負担)

<全学年対象>
●オンラインe-education
専門スタッフによる様々な授業を受講できます。

26765880_s.jpg
地域発見コース

地域発見(社会参画)コース 

いわきならではの地場産業や地域と関わりの深い企業と連携して、様々な体験を得ることのできるコースです。将来どのような職種に進もうか迷っていらっしゃる生徒さんや保護者様にとって、心強いパートナーになれると自負しております。

体験学習やボランティア活動などを通じて、社会参画のあり方やコミュニケーション能力の向上を目指します。また、様々な体験の中から自分の適性・興味関心の高い職種について考える機会を提供いたします。最終的には将来進むべき道を一緒に考え、最後まで併走したいと考えております。

以下のようなボランティア活動を経験できるよう準備を進めております。

・平三町目ジャンボリー/七夕祭りの支援活動

・宿泊施設での就労体験(ベッドメイキングなど)

・ワイナリーでのワイン造り

・宅配弁当の調理補助 他

モデルケース

●週1~2回の個別指導(回数や指導科目は応相談)
毎日の登校も可能です。自習スペースは年末年始やいわき踊りなど、年間数日間を除いては毎日使用可能です。

●映像授業

學至会の講師陣が自ら作製した映像授業教材で学習を進めていただくことができます。

●年5回のスクーリング
指定日には仙台キャンパスまたは郡山キャンパスへの登校をお願いいたします。(交通費実費負担)

pexels-artem-podrez-8518660.jpg
dan-cristian-padure-mIyZDPhuyY0-unsplash.jpg
音楽コース

音楽コース


 私たちは、人類が誕生してから音を介して感情を表現したり、互いに意思の疎通をはかり社会生活を円滑にしてきました。そして、はじめはただの音が歌になり、物を楽器として使い、感情を表現する音楽に発展させてきました。音楽の楽しみ方はいろいろあります。代表的なものでは、歌唱、楽器演奏です。 

    
本コースでは楽器を演奏することで自己表現、その楽器の特性、さらには音楽の持つ秘めたる大きな力について学びます。楽器演奏の技術もさることながら、演奏を通してコミュニケーション能力を身につけていきます。学べる楽器コースとしてピアノ、ヴァイオリン、クラリネット、ギター、トランペット、ドラム、サクソフォン、フルートがあります。どのコースも一流の講師陣が指導にあたります。


本コースで演奏技術を磨き、卒業後の進路としては、実技試験を伴う大学教育学部受験、幼稚園教諭、保育専門学校受験などが可能になります。

モデルケース

●週1~2回の個別指導(回数や指導科目は応相談)
毎日の登校も可能です。自習スペースは年末年始やいわき踊りなど、年間数日間を除いては毎日使用可能です。

●映像授業

學至会の講師陣が自ら作製した映像授業教材で学習を進めていただくことができます。

●年5回のスクーリング
指定日には仙台キャンパスまたは郡山キャンパスへの登校をお願いいたします。(交通費実費負担)

●​演奏レッスン

音楽専門スタッフによる様々な楽器の演奏を学ぶことができます。

27019675_s.jpg
26220684_s.jpg
26851609_s.jpg
bottom of page